Sunza ROCK FESTIVAL 2017
ARTIST LINEUP


寸座ロックフェスに出演するアーティストをご紹介します!

The CALLING x LIVE CHURCH WORSHIP

MAIN STAGE

Zion Praise

MAIN STAGE

Eduardo Layber & Band

MAIN STAGE

spLINKLER

MAIN STAGE

Jimmy the Clown

AQUA STAGE

REINA

Make-up Artist – CHAPEL STAGE

ESTHER & Dance Team

AQUA STAGE

PROFILE

THE CALLING x LIVE CHURCH WORSHIP

THE CALLINGは台湾・台北市にある台湾ワーシップ&プレイズチャーチ(頌揚基督宣道會)を中心に結成されたクリスチャンバンド。各々が台湾・中国の音楽業界の第一線で活躍するアーティスト。神様の「招き」に応答した台湾の選りすぐりのメンバーが創造的な音楽と熱い心でキリストの愛のメッセージを届ける。
LIVE CHURCH WORSHIPはライブチャーチ寸座(静岡県浜松市)のワーシップチーム。オリジナルのワーシップソングを作曲する他、海外のワーシップソングを公認日本語訳として数多く翻訳し、これまでにアルバムCD「Jesus At The Center」「Beautiful Saviour」をリリース。
THE CALLINGとLIVE CHURCH WORSHIPが一つのチームとして活動を始めたのが2015年。アメリカ・デトロイトで行われたカンファレンスでワーシップコンサートを開催し、すべて英語で導いた。2016年はアメリカ・ヒューストンで行われたカンファレンスで再び合流。2017年1月に「BODY OF CHRISTワーシップツアー」として全国ツアーを展開。
2016年にCDアルバム「BODY OF CHRIST-キリストのからだ-」のレコーディングを台湾と日本で行ない、2017年の全国ツアーでリリース。海外有名楽曲が公認日本語訳として収録されている他、両バンドのオリジナル曲が収録されている。

EYS

EYS(イーワイエス)は2014年結成。ソングライター3人からなるユニット。ポップセンス光る、またどこまでもストレートで素直に響く楽曲は、詞・曲のみならず緻密なアレンジにまで及ぶ。2015年に1stアルバム「YES I do!!!」をリリース、初のツアー、東京・京都にて300人動員レコ発ライブを成功させた。

関 栄理哉(セキ エリヤ)
作詞・作曲・ボーカル・アレンジ・サウンドプロデュース
大阪音楽大学ポピュラー専攻卒、現 ボーカルトレーナー。AORやソフトロックなどのマニアックな要素を取り入れながら、ポップスという大衆性を大切に作られる楽曲はリスナーの元へ着実にインプットされる。

関 義哉(セキ ヨシヤ)
ボーカル・ギター・ダンス
滋賀大学経済学部卒。元新選組リアン リーダー。テレビやラジオ、舞台、コンサート等、様々なステージでの活動を経験。

関 真哉(セキ シンヤ)
サックス・ピアノ・コーラス
大阪音楽大学ジャズ.ポピュラー専攻卒。現 USJミュージシャン/サックス講師。関西を中心にサポートライブ、ホテルやBarでのイベント演奏、レコーディング、トラックメイキング等の活動も行なっている。

ZION PRAISE -シオンプレイズ-

愛知県を中心に活動するシオンチャーチのワーシップチーム。
「主のもとに」「主は私の光」などのCDをリリースし、その賛美は全国の教会で用いられている。その美しい歌詞とメロディーを通して神様の愛と恵みが人々の心に触れられる。

Eduardo Layber & Band

力強い歌声と、ソウルフルなギター演奏が特徴のブラジル出身プロミュージシャン。
9歳から音楽を始め、17歳より10年間ギターの講師として活動するギター以外の様々な楽器も弾きこなすマルチプレイヤー。
10年以上ブラジルと日本の教会におけるワーシップチームにも献身的に仕える。自身が所属していた「SCD」バンドや、ミッションアポイオ名古屋教会のバンドを通してライブハウス、路上ライブ、教会など、様々な場所で活躍。
2018年に新たなソロアルバムをリリース予定。

SPLINKLER(スプリンクラー)

奥多摩で結成された空間系アコースティックポストロックバンド。2014年より島崎、小林によるアコースティックユニットとして活動を始める。2015年にロイヤルがドラマーとして加入。3名ともクリスチャン家庭で育ち、賛美歌にルーツを持つ。
透き通ったボーカル、エフェクターを多用した幻想的なサウンドメイキング、アメリカ仕込みのリズムは、年代を問わず支持されている。
ライブハウスを中心にストリート、教会、バイブルキャンプ場、森の中でのライブ活動を展開。現在は関東にてカフェライブツアーを敢行中。8月にはワンマンライブを行う。これまでに2枚のアルバムを発売。

エステル&ダンスチーム

ゴスペルシンガーソングライター「エステル」こと宮下優子の歌と、子供たちのヒップホップダンスで、可愛くて心温まるステージを繰り広げます。

宮下優子はキリスト教の牧師家庭で、子供のころからゴスペルに親しんで育ったクリスチャンで あり、ニューライフチャーチ原チャペルのユースパスター。和風ゴスペルのシンガーソングライターとして、2011 年東京のオープンマインドミュージックから「エステル」 という名で CD デビュー。名古屋を中心に、イオン、アピタ、モリコロパーク、東海テレ ビ主催クリスマスマーケットなどのステージに、自ら経営する「ダンススタジオ・エスター」のレッスン生の子供たちと共に、出演している。 教室では、子供たちの筋肉を鍛えること、体幹トレーニングを重視しながら、ヒップ ホップ、ジャズダンス、ボーカル、アクロバット、トランポリンなどを教えている。 尚、財団法人「体力メンテナンス協会」のインストラクターとして、バランスボールも指導している。 最近は、東京のご当地アイドルの振り付けなども担当し、活躍の場を広げている。

More artists coming soon…